新着情報

新着情報

イタリア製のソファを張替え修理しました。

DSC_5983.JPG DSC_5984.JPG

・今回は知り合いの椅子屋さんからご依頼頂いた総革張りの3Pソファを

 張り替え修理しました。

 表面はボロボロ・・中身が心配ですが早速剥がしてみました。

DSC_5993.JPG DSC_5996.JPG

・座クッションは2次元加工(ボイマー)してました!素材も高比重ですね。

 ベース部分も高比重ウレタンを使用してますが、バネ材が(エラストベルト)が

 伸びちゃって・・あれ?引かずに取り付けたみたいですね!お粗末。

DSC_5995.JPG DSC_5994.JPG DSC_5999.JPG

・バネ材(エラストベルト)を規格通りに引っ張り直しウレタンの落ち込みを防ぐ

 下張りを追加しました。

 ウレタンは大変耐久性の有る物でしたのでヘタリ分追加処理し綿も新しくしました。

1520071820901.jpg 1520071838850.jpg

・表張り材を剥がしてみると、おおベトナム語の検品シール発見!全体の造りを

 見るとなるほどと言わざるを得ませんね、これが現実です。

 常識ではあり得ない加工してましたが、何とか型を取り今回は予算に合わせた

 風合いの有る合成皮革を使い形にしました。

 いろんな意味で勉強になりました、また大事に使ってくださいね。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

愛知県岡崎市 黒柳様ビクターインテリアのデザインチェア張替え修理

DSC_5921.JPG DSC_5933.JPG DSC_5934.JPG

・ビクターインテリア・・40年椅子に関わってきましたが

 まだ知らない事が沢山有ります。

 初めて聞くブランドですが、調べてみるとこの椅子は

 有名なデザインチェアでした。

 ウレタンは粉粉になって木枠も破損してかなり長い間

 使用された事が見てとれます!腕がなりますね。

DSC_5951.JPG DSC_5955.JPG DSC_5953.JPG 

・背の木枠から補修行いましたが、かなりもろくなって

 いたので張地を剥がす事さえままなりませんでした。

 木枠の補強行い、ウレタンも特殊な物を使用しました。

 綺麗な曲線に仕上がりました、倒すと背の先っちょが

 壊れるので大事に使ってくださいね。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

愛知県知多郡 ル、ブランネージュ様カフェチェアの修理です。

DSC_5878.JPG DSC_5871.JPG

・今回は愛知県知多郡東浦町の洋菓子喫茶 ル、ブランネージュ様の

 カフェチェアを修理しました。

 座の張りではなく・・木部です、座は奥様が自分で張替えしたそうです

 上手ですね~・・では座はそのままで木部のグラグラを修理します。

 分解すると接着剤は全て効いていませんでした、ボルトと木ねじだけで

 効いていたんですね。

DSC_5947.JPG DSC_5948.JPG

・店内での作業風景です全てバラバラにして瞬間とエポキシ接着剤注入

 してガチガチに組み直しました。

 使い始めてなんと30年近くなりますが、今まで使った以上に使って

 頂けます!

 息子様の代まで大丈夫ですよ~・・ん?お孫様まで大丈夫かな~!

DSC_5957.JPG DSC_5958.JPG

・28台中1台だけ前脚の1本ホゾ部分が折れているものがありました。

 折れたホゾをエポキシ背着材で貼りつけ、更に木口に穴を明けて

 太くて長い木ねじにエポキシ接着剤をたっぷり付けてねじ込み

 ました、ばっちり治りましたよー!

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

カリモクリクライナーチェアの張替え修理です。

DSC_2798.JPG 

・カリモクのリクライナーチェアです。

 カリモクのリクライナーと言えば、ザ、ファーストが有名ですね。

 今回張替え修理したRポジションはザ、ファーストよりも前に開発

 されたリクライナーチェアです。

 当時、日本いや世界的にシェアを占めていたエコーネス製ストレス

 レスチェアに対抗出来る商品として開発されました。

 開発は功を奏し爆発的に国内のリクライナーシェアに食い込んで

 行きました。

 開発を進めていた頃を懐かしく思いながらの張替え作業です。

DSC_2896.JPG

・今回の作業はウレタンと張地(本革、一部合皮)の交換でしたが、

 従来の型紙にて張替えを行いました。

 今思えばもう少し表張りの型を修正する必要が有ったなあ~・・と

 反省点も見えてきました。

 昔を懐かしみ、また椅子張り技能士として反省する事仕切りの作業

 でした。

 

 

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

アンティークチェアを修復しました。

DSC_2102.JPG

・愛知県名古屋周辺のアンティーク商品を扱っているお店の倉庫に

 手もかけられず放置状態の椅子を発見!本体木部は煤け、背座の

 革はカビの様な汚れが一面びっしりで木部も一部破損している為

 手直しする価値無しと判断されて放置状態でした。

 しかしよ~く見ると何やらかっこ良い模様が背座に・・普通は

 背座張替えですが、何とも言えない魅力に駆られ購入しました。

DSC_2135.JPG   DSC_5839.JPG

・木部は一皮剥いて見ると、おお!高級家具材のマホガニーでした。

 表面を全体的にスチールウールで処理しオイルフィニッシュ仕上げ

 革の部分は中性洗剤で洗浄後、革専用の補修液を塗り込んで拭き

 乾燥を3回繰り返して見事復活!木部のグラツキも再度接着したり

 三角補強を追加したりで、修復完了しました。

DSC_5846.JPG

・美濃工房(探水七分荘)にて撮影、現在3脚を事務所椅子として使用

 しています。

 これからの展望ですが、こうした古~い椅子など修復して販売する事

 も考えています、是非工房にも遊びに来てください。待ってま~す!

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

本革製ソファの納品完了しました。

DSC_5821.JPG  DSC_5822.JPG

・先日張替え修理を完了した本革製のセクショナル5点のソファを納品

 しました。

 今回は大変こだわりの有る施主様でしたが、なかなかご予算の範囲内

 でのやり取りが勉強になりました。

 縫製仕様に手がかかりますが、このレベルの本革はなかなか取り扱う

 機会が少なく仕上がりは大変気持ちよく満足でした。

 ウレタンの仕様から施主様の体形に合わせて仕上げましたので大変満足

 頂きました。

 これからもお客様のこだわりを訊きながら、自分も満足できる仕事を

 して行きたいと改めて思いが強くなりました。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

カリモク製のソファを張替え修理しました。

DSC_2856.JPG  DSC_2893.JPG

・カリモクからの依頼で30年位前のソファを修理しました。

 酷い状態ですね、ウレタンの明細も張地の型紙も残っていないそうで

 社内では修理できないそうです。

 ウレタンも原形無くなっているので素材やサイズを採寸して新しく

 します。

DSC_2898.JPG  DSC_2913.JPG

・幸い木枠もバネも補修の必要有りませんでした、昔の木枠はしっかり

 していますね、今の商品は特に木枠が貧弱になりました。

 ウレタンも採寸して新しく張り直し、表張り材も型を取りました。

 木部は大事に使っていた様で、張り替えると新品の様に蘇りました。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

本革製ソファのクッションを張替え修理しました。

DSC_4699.JPG  DSC_4700.JPG

・愛知県豊明市の加藤様宅のセクショナル5脚の本革クッションを直し

 ました、革ひび割れ背クッションの落ち込みや座のウレタンもヘタって

 います。

 掛け心地の要望もありましたのでクッションのウレタン設定から取り掛かり

 ゼロから型出しする必要有ります。

DSC_5802.JPG

・久しぶりに本革を触りました!やっぱり良い革はさわり心地が違いますね!

 しなやかで・・ほのかに温かみ有ります。

 今回は少し手間のかかるツマミ縫いで仕上げました!指先に力が入ります!!

DSC_5807.JPG  DSC_5809.JPG

・座の感触も背の掛け心地も考えながら仕上げました。

 最後まで背のウレタン設定に時間かかりましたが、この位置とウレタンの

 寸法が施主様にベストになります。

 久々の本革でした、手間もかかりましたが満足な時間を過ごせました・・

 また良い時間をご依頼ください、待ってまーす!

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

新年明けましておめでとう御座います。

1515158963845.jpg

・新しい年の初日の出です!

 旧年中は大変お世話になりました、今年は更なる飛躍の歳と

 心からお祈り申し上げます。

 私もこれまでの人生とはまた違ったアプローチで家具に関わって

 行きたいと考えています。

 残された人生でどんな椅子や家具に関われるか楽しみでなりませんね!

 ちなみにこの写真は瀬戸内海に面する岡山県鷲羽山にて撮影しました。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

フランス製クラシックチェアの修復に挑戦!その1

DSC_3073.JPG

・座の中味がべこべこしていたので座裏から中を覗いて見ました。

 バネが倒れています!これでは座れる状態ではありませんね。

DSC_3353.JPG

・座の表から剥がしていきます。

 座の表面にウレタンが・・この椅子が作製された時代にウレタンは

 無いので近年修理された証拠ですね。

DSC_3359.JPG

・背座共に表面の表面の無のを剥がしました。

 詰め物は馬毛や椰子ファイバーを使って、座は藁土手背と肘は束土手

 ですが・・セル糸もほつれてバラバラして、何やら変な材料で土手を

 造ってますね。

 今回はここまで、次回は下造り全て取り外します。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi