新着情報

新着情報

愛知県岡崎市イーセンアーレンのソファを修理しました。

DSC_0009.JPG DSC_0010.JPG DSC_0017.JPG

・今回は愛知県岡崎市の個人宅様よりイーセンアーレン製のクッションソファを

 修理依頼頂きました。

 座クッションのウレタンはヘタリ酷く交換決定し、バネの状態を確認しました。

DSC_7150.JPG DSC_7151.JPG

・バネを確認した結果、後部コイルバネは伸びた状態で交換必要ですが、代替品

 が有りません・・ついでにワイヤースプリングも切断箇所あり交換必要ですが

 代替品も無いので、新規でS組バネに交換する事にしました。

DSC_7155.JPG DSC_7156.JPG DSC_7193.JPG

・既存のバネ材を取り外し、新規のバネ材を取り付けて打合せ座クッションの

 ウレタンもお客様のご要望に合わせて新規作製チューンアップしました。

DSC_7204.JPG DSC_7206.JPG

・表張り材も金華山織の高級感あふれる生地を使用し仕上げました。

 お部屋の雰囲気も一新!掛け心地も合わせて大満足頂きました!

 ご主人自慢の紅茶!御馳走さまでした~!

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

オリジナルソファーを造りました!

DSC_7907.JPG DSC_7909.JPG DSC_7911.jpg

DSC_7910.JPG DSC_7912.JPG

・いよいよ昨年来からの計画が実行できました。

 オリジナルソファーの完成です!

 商品の狙いは若年層の夫婦が購入できる価格帯としました。

 商品レベルはカリモクのKチェアクラスですが、掛け心地は

 ワンランク上にしました。

 木部はブナ無垢材にて塗装はオイルフィニッシュ仕上げです。

 現在、関西方面へ売込中ですが・・次も計画中柱です。

 ついでにオリジナルのチェアも作製中で次回紹介いたします。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

き業展に参加出展しました!

DSC_7967.JPG DSC_7984.JPG DSC_7957.JPG 

DSC_7974.JPG DSC_7980.JPG DSC_7986.JPG

・初めての経験でしたが、多くの企業、一般の方ご来場ありがとうございました。

 世の中色々な商売が有るなー・・って、つくづく感心しました。

 ベンチャーで若い人たちのエネルギー頂き楽しく有意義な2日間でした。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

多治見市 <き業展>に出展します!

・岐阜県多治見のセラミックパークMINOにて開催される<き業展16>

 2019 2/1(金)~2/2(木)に出展する事になりました。

 出展内容は美濃市近隣の木工工房(むげ工房)さんとのコラボです。

 以下のチェアとソファ1点ですが、まだソファは製作中です。

 初めての挑戦ですが、これを機会にオリジナル商品を定期的に

 開発しようと考えています。

 お時間有りましたら是非おこしください。

 ソファ完成したらまたアップしますね!

DSC_7734.JPG DSC_7735.JPG

DSC_7741.JPG DSC_7742.JPG

DSC_7736.JPG DSC_7738.JPG

DSC_7739.JPG DSC_7740.JPG

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

いす屋 美乃「可」の設備 1.ミシン

DSC_1911.JPG DSC_6640.JPG DSC_6317.JPG

・まず平台汎用動力ミシンです。(トヨタ、アイシン精機製)

 一番使用するミシンです、古いミシンですが・・糸締りも良く丈夫!

 頼りになります。

 地縫い、片ステッチ、玉縁処理等々なんでも来い。

DSC_1912.JPG DSC_7610.JPG

・次にポスト動力ミシンです。(ドイツ、アドラー社製)

 古いです!いつ頃造られたのか見当がつきません・・しかし、

 回転が軽く糸締り抜群で細かい作業に適しています。

 地縫い、片ステッチ、細かい作業のソファ造り威力発揮します。

DSC_1914.JPG DSC_6634.JPG

・Wステッチ用の動力ミシン(セイコー社製)

 一度に二本の針で縫って行くミシンですね、幅は10㎜で地縫いを

 中心にしてガイドに沿って縫って行きますが、綺麗に縫うには

 熟練の技能を必要とします。

DSC_1913.JPG DSC_6625.JPG

・差動(ギャザー)用の動力ミシン(トヨタ、アイシン精機製)

 これも古いです・・差動(縮める)量の調整は糸の締りと

 手の加減で行います。

 最新のミシン使ってる人には理解できない操作方法ですね。(笑)

DSC_1915.JPG DSC_6624.JPG

・革漉き動力機(NIPPY製)

 文字通り、革を薄く削ぎ取る専用機械です。

 革製のソファなど、縫い合わせた部分が分厚くなるので

 縫い合わさる部分を薄くして縫い易くします。

・以上、美乃可のミシン設備!古いけど頼りになる奴らです。(笑)

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

いす屋 美乃「可」知多オフィスを開設しました。

DSC_6855.JPG

・サラリーマンを早期退職し岐阜県美濃市の山間に工房を

 構えて早、3年目を迎えました。

 この間沢山の企業の方や個人の方に仕事をご依頼頂きました。

 この度、愛知県全域にも活動範囲を広げるべく自宅を

 知多オフィスとしてリニューアルしました。

DSC_6853.JPG

・玄関を整備して看板も銅板を使い自作しました!

 あまり目立たない様に設置しましたが、結構イケテルって

 自分は思っています(笑)。

 googleのマイビジネスでも見れますので是非ご閲覧

 ください。

DSC_6834.JPG

・テーブルも奥のカウンターも自作です!

 ここで商談や設計作業をする事が出来る様になりました。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

六本木クラブ ビップルームの別注椅子作製

DSC_6231.JPG DSC_6233.JPG DSC_6238.JPG

・同じく六本木クラブのビップルームの椅子も作製しました、アメリカ人の

 デザイナーと聞いてますが・・角は尖がり全体にダブダブにしてとの事。

 どうすれば良いのか?少々戸惑いましたが、「若者がGパンをずらして履い

 てる感じ」との事で少し判った気がしました。

 ウレタンも角まで詰まる様に工夫して加工!

DSC_6317.JPG DSC_6320.JPG

・本体のクッション受ける部分はベルトを自作して取り付けましたが

 強度を維持する為に取り付け方法も悩ましい作業でした。

DSC_6324.JPG DSC_6326.JPG

・最後にクッションを置いて完成です。

 40年も椅子を造り続けてきましたが、こんな椅子は初めてでした。

 全て外人デザインの外人サイズ!そうです、東京は外国人が急激

 に増え、私達も勉強不足だな~って考えさせられました。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

六本木クラブの別注ソファ作製

DSC_6165.JPG DSC_6239.JPG

・東京六本木にある某クラブの別注ソファの作製をしました。

 な、なんとこの上でハイヒール履いたまま踊るのだそうで・・

 木枠も頑丈に仕上げて入荷頂きましたが、重すぎて一苦労です。

DSC_6247.JPG DSC_6297.JPG

・ウレタンも少し予定より高くなりましたが、高比重の物使用し

 シワの出ない様にしっかりと張り上げました。

 左右合わせて1脚ですが・・片方だけで80kg有りました。

1528119035447.jpg

・木部にはめ込み完成!クラブに納品しました。

 色々苦労しましたが、外国人サイズで大変勉強になりました。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

岐阜県高山市の企業様向け本革張替え修理

DSC_6420.JPG DSC_6425.JPG

・飛騨産業製の本革製品です、革表面が剥げ・・長い間愛用した痕跡が

 木部にも表れています。

 今回は表面の革をリニューアルしました、当然現品の革は有りませんので

 懇意の皮革メーカーにハイレンジの革をお願いし取り掛かりました。

DSC_6613.JPG DSC_6625.JPG DSC_6634.JPG

・型紙の作成から裁断行い、ギャザー、Wステッチなど縫製工程行いますが・・

 このレベルの革は手触り良く仕上がりもきれいですね!

DSC_6664.JPG DSC_6666.JPG DSC_6667.JPG

・ボタンの沈みもしっかり図り仕上げます、革本来の柔らかさも直線の美しさも

 表現できて気持ちよく作業出来ました。

 木部もしっかりしていたので、今度はオイルで塗装して貰うと更に良くなります。

 その時はまたご依頼くださいね。

  • Category:
  • Author:mino-yoshi

愛知県岡村様食堂椅子の修理

DSC_6411.JPG

・愛知県名古屋市の個人宅でご使用中の食堂椅子4脚中2脚が

 写真の通り接合部で破断していました。 

DSC_6414.JPG DSC_6458.JPG DSC_6460.JPG

・一旦接着してきれいに切断して丸棒の部分に再度穴を明けて新しい丸棒を

 背側に接着剤にて埋め込み固定、 硬化した後長さ調整して切断し後脚へ

 接着剤塗布し差し込みました。

DSC_6461.JPG DSC_6464.JPG

・あとはハンドバイスにて固定ばっちり固定出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Category:
  • Author:mino-yoshi